ホーム > 商品案内 > アイウォール たけ > 特長・性能

商品案内

アイウォール たけ 特長・性能

自然素材を活かした目に優しい白色の竹を主原料とした壁紙で、竹の特徴である抗菌作用と調湿作用を持った自然素材和紙壁紙です。

  • 商品仕様
  • 特長・性能
  • 原材料
  • カラー
  • コーディネイト

アイウォール たけは、「呼吸する壁紙」です。

アイウォール たけは、自然素材を原料とした自然素材和紙壁紙です。吸放湿性による調湿作用と通気性による透湿作用の2つの作用により、夏は涼しく冬は温かい室内環境を作ってくれます。

吸放湿性による調湿作用とは

「吸放湿性」とは、壁紙自体で湿気を呼吸する性能です。自然素材の持つ多孔質成分により空気中の湿気を吸収したり、放出して調湿します。

通気性による透湿作用とは

「通気性」とは、水蒸気が壁紙を通過して室内側と下地側とを行き来する性能です。一言で言うと、「湿気の通り道」です。

アイウォールとビニールクロスの透湿性の比較グラフ

壁紙クロスの透湿性

アイウォール たけは、右のグラフの通り、ビニールクロスに比べて100倍近い透湿性があり、室内に多くの湿気の通り道がある状態を作ることが出来ます。それに比べてビニールクロスの部屋は、湿気の通り道がほとんどない、呼吸の出来ない空間と言えます。この調湿作用と透湿作用が「呼吸する壁紙」と呼ばれる由縁です。

左の図のように高い透湿性があると湿気が壁紙・石膏ボードを自由に行き来することが出来て、高い調湿作用を持った石膏ボードを活かすことが出来ます。ジメジメした梅雨の時期や寒い冬の閉め切った室内で高い効果を発揮して、「呼吸する家」を作ることが出来ます。

アイウォール たけは、お部屋を清潔な空間に保ってくれます。

アイウォール たけは、素材の竹が持つ優れた鮮度保持能力や抗菌作用があり、室内を清浄化してくれる性能があります。室内は、梅雨の時期等湿度があがる事によってカビやダニ等が発生して、室内環境が変化してしまいます。アイウォール たけは、そのような室内環境の悪化を抑える作用があります。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭や忙しくてなかなか掃除が出来ないご家庭では、室内環境を保つ事が大変です。アイウォール たけは、そのような皆様な大切な味方になってくれて、お部屋を清潔な空間に保ってくれます。

アイウォール たけは、自然素材と和紙の製法にこだわった壁紙です。

アイウォール たけは、自然素材100%の天然素材だけで作った壁紙です。ビニールクロスは勿論の事、通常の自然素材壁紙や和紙壁紙の多くは、壁紙の素材にも裏打紙にも自然素材以外の多くの成分が含まれています。それでは、真の意味では自然素材壁紙とは言えません。

アイウォール たけは、壁紙自体の成分も自然素材だけで作り、裏打紙も採用していません。アイウォール たけを貼って頂くお客様の事を考え抜いた結果、アイウォール たけが完成しました。

3層構造により強度・機能性が向上

アイウォールと他の壁紙の違い

アイウォール たけは、和紙の製法にもこだわった壁紙です。アイウォール たけは、従来の和紙のメリットを活かしつつ、和紙のデメリットを克服した壁紙で、ビニールクロスや他の和紙壁紙・自然素材壁紙と異なり、最新の和紙技術を用いることによって和紙を3層に漉き込んでおります。

3層に漉き込むことによって、1層は表情層、残りの2層で施工性、強度、厚み等機能性を分担させる事が出来ました。3層に分けることにより、表情層を薄めに出来、均一に漉くことが出来、壁紙自体の強度を向上させる事にも成功しました。

▲ページの先頭に戻る