ホーム > プロの方へ > 施工上のポイント

プロの方へ

アイウォールを施工して頂く内装業者様、提案して頂く工事・リフォーム業者様への施工上のポイントです。

施工上のポイント

安心して施工して頂けます

一般的な和紙壁紙は、破れやすい汚れやすい等、施工性があまり良くなく敬遠されがちですが、アイウォールは、特殊な製法により和紙を3層に漉き込む事によって、ビニールクロスとほぼ同程度の施工性を確保する事が出来ました。

和紙特有の突きつけ張り、重ね張りもどちらでも施工して頂いていますので、お客様と打合せして決定して頂いて施工して下さい。

ジョイント部分の剥がれ等、施工後のクレームも殆どありませんので、安心して施工して頂いて問題ありません。

施工する際の注意点

アイウォールを施工して頂く際の主な注意点をお伝え致します。

アイウォールは、通常の壁紙に比べて有効幅が広くなっていますので注意して下さい。通常のクロスは、有効幅が92cm程度になりますが、アイウォールは、103〜104p程度あり、有効幅が、100p程度になります。施工の際にご注意ください。糊付け機には入りますのでご安心下さい。

アイウォールは、充分な厚さもあり破れにくく、和紙特有の柔らかさもあり施工自体は問題なく施工して頂けると思います。但し、ビニールクロスと異なりオープンタイムを気を付けて下さい。気候等にもよりますが、15〜30分程度とお考え下さいませ。

アイウォールは、素材は、デリケートな自然素材になりますので、洗浄剤やアクやシミ等に反応して変色してしまう可能性がありますので、施工の際には、充分な処理や準備を行って施工して下さい。

それ以外に、施工に関してご不明な点等が御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

PDFファイルでアイウォール施工マニュアル【仕様書】もご用意しておりますので、PDFファイルをダウンロードして頂き、ご確認下さい。

アイウォール施工マニュアル【仕様書】のダウンロードページへ

▲ページの先頭に戻る