ホーム > アイウォールの家作りガイド > 家作りを始めるまえのガイド【和風モダンな家作りの勧め】

家作りガイド

自然素材で作られている和紙壁紙であるアイウォール たけ・わら・お茶の良さをもっと知って頂くための、アイウォールの家作りガイドです。

和風モダンな家作りのススメ

和風モダンとは

住宅

最近、住宅業界でトレンドなっている言葉の一つに「和風モダン」という言葉があります。なんとなくイメージとしては想像出来ると思いますが、具体的には分かりにくい部分も多いと思います。そこで、和風モダンな家作りについて考えてみたいと思います。

先ず、「和風」という言葉ですが、元々、洋風と言う概念が入ってきて、それと区別するために生まれた言葉です。次に、モダンという言葉です。「モダン」とは、【現代的である事】という意味です。「和風」と「モダン」が組み合わせて「和風モダン」という言葉が出来ました。感覚的な部分もありますが、和の良さを活かしつつ、現代的な感覚を取り入れた空間を意味していると思います。人によって感じ方が異なりますが、日本人に安心と安らぎを与える「和風モダン」の空間は確実に、家作りをする皆様の心を掴み始めています。

和風モダンな家作りとは

住宅

和風モダンな家作りとは、どのような家作りでしょう。和風モダンなイメージを有効的に家作りに取り入れていく為には、「和・和風とはこのようにあるべきだ」という硬い考え方を用いるよりは、日本の伝統的なイメージを上手く利用していくべきです。家作りを行う上で、実践的に生活空間を、より美しくより豊かにしていく事が一番のポイントです。

例えば、玄関の奥に和室を配置して、普段は和室のふすまを開け放しておくと、玄関と和室を合わせた広い玄関空間が出来ます。玄関自体は洋風のデザインだとしても、襖の開閉で和風・洋風を切り替えることができるしつらえを施しておくと、普段は使用頻度がそれほど高くない和室を玄関空間の演出に効果的に使用できます。このような和風と洋風の組み合わせも和風モダンな家作りの一つと言えます。

又、日本の茶室に代表されるように、和の空間はスペースの広さを問いません。千の利休は、たった一畳の茶室を考案したとも言われています。日本の狭い住環境を考えた上では、スペースを上手く活用して、心地よい空間を演出する和風モダンという考え方は、今後の日本における家作りにおいては、重要な考え方だと思います。

和風モダンなインテリア

住宅

簡単に和風モダンの空間を作るには、インテリアを用いる事です。和風の空間に、洋風の照明や家具を用いたり、洋風の空間に和風の照明や家具等を用いる事によって、和風モダンな家作りが出来ます。洋風の空間が増えてきた昨今では、洋風の空間に和のアイテムを用いる事が多いかと思います。

例えば、和紙を用いた明かりです。洋風の空間でも不思議と温かみのある和の空間を作り上げる事が出来ます。就寝前の寛ぎの時間に一日の疲れを癒し、ホッと落ち着く事の出来る空間を演出してくれます。明かり以外にも、雑貨や家具等の効果的に用いる事によって和風モダンな空間を作る事が出来ると思います。家自体のリフォームは、費用も掛ってしまうので、先ずは、手頃なインテリアで和風モダンな家作りを体験してみるのも良いと思います。

和風モダンに合う内装材

住宅

和風モダンに合う建材は、やはり日本古来から家作りに用いられてきた木と紙を上手く用いた建材です。和風モダンな空間を演出する為には、ある程度、高級感のある建材を使う方が建設的です。ビニールクロス等の新建材を採用するよりは、自然素材・天然素材の壁紙・クロスや珪藻土や漆喰等の塗材の方が和風モダンな家作りには適していると思います。遊び心を持って、内装選びを考えてみて下さい。一つの部屋に全て同じ内装材を用いる必要もありません。遊び心を持って、壁と天井を別の内装を採用してみたり、壁によって別の内装材を用いるのも和風モダンの空間を作り出してくれます。

和風モダンと和紙

最後に、「住宅の中に和紙を取り入れてみては如何ですか。」と言う提案です。

住宅

和紙と言っても壁紙だけではありません。和紙を用いた明かり・和紙の小物や雑貨・障子や襖等も効果的に用いるととてもお洒落な空間を作り上げる事が出来ます。和紙壁紙は、和風モダンな空間を作り出す時に良く用いられる木との相性が抜群で、直接照明も間接照明の明かりも綺麗に映し出しくれます。新築でもリフォームでも様々な方法・道具を用いる事によって和風モダンな空間を作り出す事は可能です。勿論、アイウォールも和風モダンな空間を作り出すには最適な壁紙ですので、是非とも検討材料の一つに如何でしょうか。

▲ページの先頭に戻る